読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

でかけたりつくったり

暇があればキャンプやら野外調理やら宴やらの毎日です

親子で地曳網体験DX

須磨海岸は、神戸が誇る自然の宝庫です。白砂青松の美しい海岸は、海水浴場などレクリエーションゾーンとして多くの人々に親しまれています。自然豊かな須磨海岸で地曳網を体験してもらい、魚のすむ海の環境とその生態について学習します。
尚、当日は須磨海浜公園一帯で「須磨青空元気フェスティバル」も行われております。

 

続きを読む

India Mela 2016

本場のインド料理屋、エキゾチックで煌びやかなインド服・雑貨などのお店が並び、ステージではインド舞踊や楽器演奏が楽しめる、西日本最大のインドフェス。まさに神戸がインドに染まる3日間。

 

続きを読む

マリメッコ展

フィンランドを代表するデザインハウス、マリメッコは1951年、アルミ・ラティアによってヘルシンキで創業されました。テキスタイルデザインを学んだのち、広告代理店で経験を積んだラティアの元へ才能あるデザイナー達が集い、優れたデザインと巧みなPR戦略によって、60年代には世界的なブランドへと成長していきます。マリメッコが生み出す布地の柄は、多くがフィンランドの伝統的なモチーフや自然に着想を得つつ、大胆でカラフル、抽象的なデザインでした。そうした柄の映えるシンプルなカッティングの服は、高い人気を呼びます。その後製品は家庭用品やインテリアにまで展開され、マリメッコは今日、日本を含む世界中で絶大な人気を誇っています。
 本展は、ヘルシンキのデザイン・ミュージアムの所蔵作品から、ファブリック約50点、貴重なヴィンテージドレス約60点、デザイナー自筆のスケッチ、各時代の資料などを通して、マリメッコの60年にわたる歴史をたどり、個性あふれるデザイナーの仕事ぶりと活躍を紹介する、国内初の大規模な巡回展です。

 

続きを読む

朽木キャンプ場

我が家のホームキャンプ場第二弾、滋賀県朽木の河原キャンプ場に先日行ったレポートです。
ここは名前もなく?正式にはキャンプ場ではない???と謎が多いのですが
なにせ使用料が安い!(大人300円・子供100円)&自然たっぷり!
高速代が高く付くのと渋滞に巻き込まれ易いのがマイナスポイントですが
我が家の重要視しているポイントはクリアです。

続きを読む

Y氏の野飯 5月末編

先日スポーツオーソリティのセールでスノーピークのコッヘルをGETしてホクホクのパパ氏ですが、それ以前はなんとIKEAのおもちゃ鍋を使っていました!
その頃の野飯(山飯??)のまとめです。
文章のテンションが違うのはY氏のFBそのままコピペってるからです。。

続きを読む

古法華自然公園 キャンプ場

先週末、我が家のホームである兵庫県加西市 古法華(ふるぼっけ)自然公園のキャンプ場に行ってきました。f:id:nornorko:20140622104618j:plain

ここのキャンプ場はなんといっても、、完全無料!!自然満喫!!
芝生のフリーサイトに手入れの行き届いたトイレ。
サイト近くに車を停めれるので、搬入搬出も楽にできる。
高速降り口から近く、山道ドライブもなくアクセスし易い&高速代も安い。
我が家的にはこれ以上の所があるのか??といった感じです。
無料ですが事前の使用申請は必要なので↓の古法華自然公園 公式サイトから必ず申請します。

http://www.naturepark-furubokke.jp/

続きを読む

キャンプ準備②お食事周り編

車が小さい&駐車場が遠い事もあって、特にキッチン周りの装備はミニマムというか貧弱です。。
キャンプデビュー頃に色々買ったのですが、結局お蔵入りしている物も沢山あります〜。

続きを読む